【敬老の日】喜んでもらえるオススメお見舞いの品8選

カテゴリー

敬老の日の贈り物に悩んでいるあなたへ、介護現場で高齢者やそのご家族に接してきた介護士が敬老の日にぴったりなオススメの贈り物をご紹介します。

現在、入院や施設に入所されているおじいちゃんおばあちゃんにも最適です。

 

敬老の日、オススメのお見舞いの品

敬老の日は、毎年9月の第3月曜日。2018年では9月17日(月)にあたります。

秋も深まり、少しずつ寒くなっていることを肌で感じることができる時期です。

今年の敬老の日に贈るものをここで決めましょう!

 

襟巻き・マフラー

✔︎こんなおじいちゃんおばあちゃんはチェック
「寒くなると、足腰が痛むんだよ…」と、ヒザやヒジをさすっている。

関節に“首”がつくところを温めると、体が温まると言います。

もちろん、首や肩周りもおんなじ。

体を起こしているは間、肩から背中にかけてがスーッと冷えるような感覚があります。これが肌寒さを感じる理由。

寒気を感じると、「あれ?風邪のひきはじめかな?」と横になって過ごすことが増え、気持ちまで消極的になりがちです。

薄くても、1枚でも肌にかけていると体感温度が全く違います。

暖かく過ごして、体も気持ちも活動的に過ごして欲しいですね。

佐藤介護士オススメのネックウォーマーはこちら↓

首から肩まですっぽり包み、シルク+遠赤素材で温める
「マスクにもなるシルクネックウォーマー」

カーディガンやパジャマのインナーとしても着用することが可能です。首元がリブになっているので身につけているだけでちょっとセンスが良く見えますよね。

すっぽりとかぶるだけなので、腕の可動域に制限があっても無理なく一人でかぶることが出来ますよ。

 

足上げクッション・枕

✔︎こんなおじいちゃんおばあちゃんはチェック
「足の先が膨らんで、冷たくなっちゃうんだよ。冷え性かね。足がだるいし、転びたくないし、歩きたくないなあ。」と足の先をさすっている。

年齢を重ねると、足がむくみやすくなります。足の血液やリンパが流れにくくなります。

筋力や歩行時間低下が原因と言われています。間違いではありませんが、だからと言って一生懸命運動するおじいちゃんおばあちゃんはまだまだ少ないことが現実です。

そんなおじいちゃんおばあちゃんには、この足枕が快適です。

佐藤介護士オススメの足枕はこちら↓

食事のあとは、お昼寝をするというおじいちゃんおばあちゃんも多いんです。そんな時、足を少しでも高く上げて足のむくみを解消しましょう。

足だけでなく、通常の枕としても使うことが出来るのでオススメです。

 

座布団・クッション

✔︎こんな人はチェック
「お尻がぺったんこだからね。座っていると、お尻が痛くなるんだよ。」と、座布団が手放せない。

座っている時間が長いと、お尻のお肉が少なくなり骨が床に当たることで痛みを感じやすくなります。

だからと言って中綿が多い座布団は、体が軽いお年寄りにとっては自分の体重を支えられず不安定になりやすく転げてしまうことがあります。イメージは、ダルマさんでしょうか。

なので、贈り物には低反発クッションや円座が喜ばれます。特に円座タイプは特にお尻に優しく、真ん中がへっこんでいることでバランスが取れやすいです。痔を持っている方も安心して座ることができますね。使わない時は背当ては枕、足上げにすることもでるのでオススメです。

佐藤介護士オススメの円座はこちら↓

医師が考案した低反発円座クッション「お医者さんの円座クッション」

 

義歯・入れ歯ケース

✔︎こんなおじいちゃんおばあちゃんはチェック
入れ歯だ。

夜、眠る前には入れ歯や義歯を外します。

あなたのおじいちゃんおばあちゃんは、眠る前に口が梅干しさんのようになっていませんか?

入れ歯や義歯のケースは、歯医者さんに行けばもらうことが出来ます。

しかし、そのケースは青一色、ピンク一色のようなデザイン性がないケースが多いんです。

なので、デザイン性のあるケースをプレゼントすると喜ばれますよ。

特に、病院や施設では看護・介護士さんが入れ歯の管理してくれる場合が多いので他の人のケースとも見分けがつきやすく間違えることがありません。

佐藤介護士オススメの入れ歯入れはこちら↓

おばあちゃん柄も揃えてあります。お揃いで贈ってあげるもの良いですね。

 

下着や靴下など

✔︎こんなおじいちゃんおばあちゃんはチェック

  • お腹まわりが出てきた。お腹に合わせると、足がブカブカする。
  • ゆったりと着用したい。
  • つい、おしっこが漏れてしまう。
  • ふんどしやシミーズなど昔ながらの下着が欲しい。
  • 高齢者用の下着には抵抗があるけど、専用の下着を身につけて欲しい。

年齢を重ねると、おしっこやうんちが、つい漏れてしまうという現象が増えます。それは老化現象の一つなので仕方のないこと。

しかし、そんな衰えを認めたくなく、いつまでも見栄を張っていたいという高齢者が多くいらっしゃることが事実。

結果、「なんかおしっこ臭くない?」「やだ、これ、ウンチじゃない?」というシチュエーションが多くなってしまうんですね。

下着事情というものは、自尊心を守るうえでとても繊細な問題なのです。

そんな問題を抱えている場合は、こちらがオススメです。

佐藤介護士オススメの下着はこちら↓

下着・靴下・ストッキングの通販 すててこねっと|アツギ・グンゼ・福助・ヘインズなど
有名な下着メーカーの商品を多数取り揃えています【5400円以上で送料無料】

身体の作りに基づいて作られた衣類は、着心地やよく使い勝手もいいです。「体に優しい肌着だよ」と優しさを込めて贈ると、嫌味がなくて受け取りやすいですね。

 

巻き爪に悩んでいる

✔︎こんなおじいちゃんおばあちゃんはチェック
「巻き爪になそうで、足の指が痛いんだよ…病院に行くことも手間だし困ったねえ」と、歩くことに問題を抱えている。

おじいちゃんおばあちゃんになると、巻き爪になりやすいことが特徴です。

放って置くと、そこから感染症を起こし結局受診しないといけなくなるケースもあります。

とはいうものの、病院は混んでいるし、高齢者だけではなかなか足を運びづらいことってありますよね。

そんな時には、自宅でもケアできる商品を使うことがオススメです。

佐藤介護士オススメの巻き爪ケア用品はこちら↓

指に食い込む巻き爪を痛みから徹底ガードするやわらかゲルサポーター

柔らかいゲル素材。伸縮性も抜群で、使い方も指にはめるだけで簡単になっています。ちょっとの痛みととても痛むという2パターンに対応していて、保護として使うこともできるのでオススメです。

洗って使うことができるので使いたい時に使える便利さ。エコですね。

 

災害時のあかり

震災、洪水など、最近災害が特に多いと感じます。

おじいちゃんおばあちゃんと離れて暮らしているあなたは、そんな「もしも」の時のおじいちゃんおばあちゃんが心配でたまらないことでしょう。

これから寒くなり日が落ちるスピードも早くなります。昼間も薄暗く、夜は真っ暗になる時間がすぐに来てしまいます。

避難用具の基本として、懐中電灯の用意は当たり前です。しかし電池が切れていたら…?お年寄りにありがちな、電池切れや充電切れ。

そんな問題を解決することが出来る懐中電灯があります。

佐藤介護士オススメの懐中電灯はこちら↓

緊急時には取り外して懐中電灯としても使用できるLED電球

これは、普通に電球として使っているだけで充電をしておけるという優れもの。緊急時は、取り外して懐中電灯として使うことが出来ます。

手の届きやすい場所の電気として使用していれば、「もしも」の時にも慌てずにあかりを灯すことが可能です。

 

さいごに

ここで記載させてもらった商品は、なかなか店頭で購入することは難しいかもしれません。しかしどれもいい商品ばかり。なんでお店に置かないんだろうと不思議になります。

そして私が今回選ばせてもらった商品は、あなたが贈りたいと思っているおじいちゃんおばあちゃんに聞けば、どれかひとつは欲しいと言ってくれるハズ!

ぜひ、検討してみてくださいね。

 

教えてくれた人


佐藤相談員(33)
・介護福祉主事任用資格
・介護福祉士
介護系の学校を卒業後、介護の仕事に就く。
仕事柄、高齢者家族や介護従事者と接する機会が多く、その中から本人や高齢者家族の抱える問題を解決してきた。
信念は、「素直」。好きな番組は、大岡越前と神風怪盗ジャンヌ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です