【お見舞い袋】封筒の選び方

カテゴリー

お見舞いに行く際の必須アイテム、お見舞い袋。

ご祝儀袋と呼びます。

 

お見舞い袋が購入出来る場所

  • コンビニ
  • 100円ショップ
  • ドラックストア
  • スーパー
  • 量販店

スーパーや量販店では、雑貨類が置いてある場所ならたいてい購入することが出来ます。

仕事でバタバタしても、コンビニやドラックストアなら近所にあることが多いよね!行きやすいし買いやすいね。

 

どんな袋を選んだらいいの?

ご祝儀袋が並んでいる棚には、様々な色・柄・大きさの袋がありますよね。

お見舞い金を入れていく袋は、なんでもいいわけではありません。

結び切りと鮑結び

礼儀を大切にしなければならない様な相手のお見舞いなら、このようなオーソドックスなご祝儀袋を使用する事で、マナー違反を防ぐことが出来ます。

結び切りには一度結ぶと解けない事から『2度と繰り返して欲しくない』
鮑結びは、結び切りと同様の意味が込められています。

最近、結び切りの水引をほとんど見なくなったね。その代わり鮑結びの水引が多く売られているね。どちらを使っても間違いではないけれど、本来正しいとされているのは結び切りなんだよ。

 

その他のお見舞い袋

重病、死が近い場合や、ご祝儀袋を使ってもいいのかな?と迷うような場合は、白地の封筒や向かって左に赤い線が入っている封筒を使いましょう。

紅白の水引がついているご祝儀袋よりも、気持ちを控えた印象になります。

 

もっと軽い印象なら

見かけが可愛くてカラフルなご祝儀袋も多く販売されています。

こういったご祝儀袋を用いるもの、マナー違反にはなりません。

ただ、相手が上司や目上の場合など相手との立場を考える場合は避けた方がマナー違反を防ぐことが出来ます。

相手と自分の関係性や、病状などを見て決めるといいですね。

親しい友達や、気の知れた仲間内ならば、可愛いカラフルなご祝儀袋でもいいね。
仰々しさがなく、もらう側も気軽に受け取りやすい感じがするよね!

 

選んじゃいけないお見舞い袋

紅白以外の黒白・黄色・銀は、弔辞で用いられるご祝儀袋なのでお見舞いで使用してはいけません

紅白でも、蝶結びの水引は『何度あってもいいこと』という意味があるので使用してはいけません

 

ご祝儀袋の種類

ご祝儀袋には、いくつかタイプがあります。

表包みに中袋がついているご祝儀袋

正式なご祝儀袋には、表包みと中袋があります。

中袋にお金を入れ、それを表包みで包みます。

表包みだけのご祝儀袋

中袋がついておらず、表包みだけの場合です。

表包みだけでも問題ありませんが、より丁寧に包みたい場合は、白い紙で現金を包みます。

また、別で白い封筒を購入しても構いません。

中袋(封筒)だけの場合

可愛い模様や優しい色合いの封筒タイプのご祝儀袋があります。

一番簡素なタイプなので、礼儀を重んじる場合は使用を避ける事でマナー違反を防ぎます。

 

包む文化
江戸時代までは、紙自体が贈答品になっていました。その中で白い紙で贈り物を包装することは何より相手を尊ぶ心を表していました。
また、白い紙は贈り手の身の穢れを清めると共に悪疫から贈り物を隔離しようとする表現だとも言われています。
神様への供物に白木の台に白紙を敷いたり、結納品が白木の台に乗せられている事も日本人にとっては特別な事でした。
紙や気持ちを重ねて相手を思いやる心が日本人らしい作法です。

 

 

まとめ

  • お見舞い袋は、100均からドラックストアなど最寄りのお店で購入できる
  • お見舞い金はご祝儀袋の入れる
  • 紅白以外の水引は選ばない
  • 紅白でもリボン結びの水引は選ばない

 

お見舞いにはお見舞いビデオレター

お見舞い金もいいけれど、お見舞いビデオレターを贈りませんか?

お子さんがいてお見舞いに行けない、忙しくてお見舞いに行けない、そんな人にオススメです。

お見舞いビデオレターとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です