ビデオレターを作る前に考えたい事

カテゴリー

「ビデオレターっていいなあ…」と思っても色々めんどくさくて、結局やらないんだよね。

皆さんは、これに当てはまりませんか?

実際に、普通の人がビデオレターを作るということは簡単な作業ではありません。

以下のような事を、まずは考えましょう。

 

カメラの用意

当然ですが、撮影する端末を用意します。

スマホ・ビデオカメラ・一眼レフ・デジカメなどです。

どのカメラにも基本的に動画撮影機能がついているので、そちらを使用して動画撮影を行って行きます。

スマホカメラなら、そのまま動画制作アプリを使用して編集や加工を行なう事が出来るので、より手軽におしゃれな動画に仕上げる事が出来るよ!

 

どの端末で編集作業するかを考える

編集作業を行なう端末は、スマホなのかパソコンなのかタブレットなのかをあらかじめ決めておくと後の作業がスムーズです。

パソコンならパソコン、スマホならスマホとメインで編集をする端末を決めます。

クラウドサービスを利用すれば、途中から別のデバイスで作業する事も可能です。

しかし、スマホアプリやソフトの場合ば難しいと捉えた方がいいでしょう。

パソコンならパソコンでの動画編集、スマホならスマホでの動画編集という風に、一つのデバイスからの編集が望ましいです。

スマホアプリはパソコンで使えない場合が多いし、その逆もしかり。あっちで編集してこっちで編集してとやっていると面倒だよ!

クラウドサービスとは、インターネット上に保存する事の出来るサービスです。動画や写真、編集で使うイラスト画像などをクラウドサービスを利用してインターネット上で保存しておく事です。

 

パソコンで編集をする場合のメリット

スマホアプリの様に、おしゃれでクオリティの高い短時間動画の編集を行うのには向いていません。そもそもスマホアプリが非対応の場合が多いですし。

パソコンを持ち歩くというのも荷物になるし場所を取るので、編集したいときにどこでも編集出来るとは限りませんね。

パソコンは、長時間動画の編集に向いています。本格的な動画編集ソフトをインストールして行えば、スマホアプリよりもクオリティの高い動画を制作することが出来ます。

向いているのは結婚式やお見舞いなどのビデオレター

 

スマホやタブレットで編集する場合のメリット

スマホやタブレットは、持ち運びが簡単に出来るので編集する時間や場所を選びません。動画編集アプリも多く登場しているので短時間動画の編集では少しの時間と編集の手間で、クオリティの高い動画編集を行うことが可能です。

その反面、長時間動画編集では作業が細かくなっていくために、端末の小ささが不便になります。(大きめのタブレットなら問題ないかも知れませんが)

また容量も大きくなるために動画や素材の保存が出来なくなる場合もあります。

向いているのは、インスタなどのSNS投稿したい場合

 

どんな動画に仕上げたいかを考える

結婚式の余興ムービーやプロフィールムービーにも様々な個性があるように、お見舞いで制作する場合もどんな雰囲気で制作したいかなどを、あらかじめ思案しておくと後の動画編集がスムーズです。

単純なメッセージムービなのか、一工夫して面白さを出すのか、元気になってもらえるような元気の演出をするのか、などバリエーションがありますね。

 

どのアプリやソフトで編集するかを考える

動画編集アプリやソフトは、多くの種類があります。

自分がどのような演出の動画を制作したいのか、どの端末を使用しているのかなどをしっかり方向性を定めて、それにあったアプリやソフトをダウンロード・インストールしましょう。

無料アプリ・無料ソフトが多くありますが、途中で課金しなければならなかったりアプリやソフトの名前が入ってしまうケースがあるので確認が必要です。

スマホアプリはスマホでしか、パソコンソフトはパソコンでした使えないことが多いので注意が必要だよ!

 

誰に出演してもらうかを考える

お見舞いビデオレターには、どんな人たちに参加してもらいますか?

離れた場所に住んでいる人、子供がいてなかなかお見舞い出来ない人、仕事が忙しくて時間に都合がつかない人。

相手が会いたくない人などもいると思いますが、出演してくれる人の選定をして動画撮影の旨を伝え、予定を聞きましょう。

移動可能範囲の人ならば、都合を合わせて撮影に行きます。

無理な人であれば、撮影した動画を送ってもらいましょう。

スマホ撮影の動画なら、LINEやSNSを利用して簡単に送り合う事が出来るよ!

デジカメや一眼レフなどは、持っていない人もいるしスマホやパソコンにデータ移動するという手間があるから面倒と思われがちだよ。

 

撮影時間や、撮影時の注意点をうまく伝えるように考える

撮影の時に重要なのが、撮影時間や撮影の「注意点」です。

長すぎても短すぎても編集に手間がかかるし、見ている方もだらけてしまうので撮影時間は一律にするといいです。

また、撮影の向きや明るさ、撮影の距離などを設定して撮影します。

メッセージを伝える場合は、声はなるべく大きく。周囲からの雑音はなるべく避けると望ましいです。

お見舞いビデオレターのメリットは、人の表情や街の雰囲気なども一緒に伝えられる事です。

入院しているので、足を運べない場所や会えない人などが近くに感じる事のできるように工夫しましょう。

 

集めた動画を編集する

撮影し終わった動画データを、編集する場合は冒頭でも記載した通りアプリやソフトが必要です。

そのアプリやソフトのやり方に従って、編集をして行きましょう。

より細かい編集を行う場合は、パソコンを使用する方がスムーズです。

 

完成

編集が終わった動画。あとはシェアしたり相手に送るだけです。

 

お見舞いビデオレター、編集からお届けまでお手伝いします!

私たちは、お見舞いビデオレターを専門で編集・納品するサービスを行っています。

手軽に利用できるアプリやソフトがあっても実際に編集するとなると結構な手間と時間がかかります。

家事の合間、仕事の合間、休日などの限られた時間を使ってお見舞いビデオレターのコンセプト、動画集めや編集をするのって大変だと思いませんか?

それなら私たちにお任せください!

まずは、無料で相談してみませんか?

コチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です