動画・静止画の撮影方法

体調がすぐれない時に、細かくて見づらい写真や、聞こえにくい動画は見たくないですよね。

一生懸命に見るという行動は、精神力と体力を奪います。

せっかく贈ったお見舞いビデオレターを楽しんで見てもらうためにも、動画・静止画を撮影する際には以下のことに注意して欲しいと思います。

 

明るい場所で撮影

明るい画像は、動画全体も明るくしてくれます。

屋内だと、どうしても暗くなってしまうので、感度をあげるかフラッシュをたくなど一工夫することがオススメです。

横向きで撮影

お見舞いビデオレターは、横向きで制作します。

スマホで撮影する場合は、スマホを横向きにして撮影してください。

その他の機材でも、縦動画にならないように注意してください。

メッセージは大きな声で

ビデオレターには、BGMが入ります。

そのために、声が小さいと音楽にかき消されてしまう可能性が考えられます。

相手が聞き取りやすいように、大きな声でメッセージを入れてください。

文字は大きくはっきりと

フリップなどに書く文字は、動画を通して見るので細々していると確認しづらくなります。

大きくわかりやすく記載する事がポイントです。

人物とカメラの距離にも気を配りましょう。

5秒以上で撮影

動画はなるべく5秒以上で撮影をお願いします。

編集の過程で余分な部分は省かせていただきます。

枚数の制限はなし

動画や静止画に枚数の制限はありません。

50人を超える場合はあらかじめご相談ください。

バックミュージックの仕様

音楽の著作権から、好きな曲を使う事は出来ません。

音源は、インターネット上にあるフリー音源サイトからの使用になります。

ご自身で見つけて頂いて、それを使って欲しいという事であればお受けできるのでご相談ください。

無料音源サイト DOVA-SYNDROME

サンプル動画