【真白の色紙の書き方】ちょっとしたアイデアで寂しい雰囲気をなくそう

カテゴリー

真っ白すぎて寂しい雰囲気の寄せ書きは、まるで友達がいない・慕われていないみたいな感がしますよね。

 

賑わうアイデア

寄せ書きに使う色紙が、真白で寂しさを感じる時。

次のようなアイデアで活気ある雰囲気をイメージさせることが出来ます。

  • カラフル
  • 隙間をなくす
  • アイテムを使用する

 

カラフル

メッセージは黒や青のマジックで書くという人が多いです。真白な色紙に、黒文字だけでは味気ない感じがしませんか?

そんな時には、カラフルなペンを使用してみましょう。

書く人数が少ない時には、色紙の淵にデザインで線を引いてみるのもオススメです。

隙間をなくす

色紙が寂しく見えてしまうのは、隙間が多いから。

なるべく隙間を埋めることで色紙から寂しい雰囲気を払うことができますよ。

画像やイラストを使用する

カラフルなペンなんて無い!隙間なんて埋められない!

そんな時はアイテムを使用するのも方法です。

例えば、

  • 写真を貼る
  • インターネットからイラストや画像の素材を印刷して貼る

この程度なら、社外に出なくても社内で対応が出来ますね。

写真がないという場合でも、スマホで撮影してコピー機とWi-Fiで繋げばすぐに印刷できます。また、パソコンのカメラで撮影するもの方法です。

贈りたい人の趣味や、好きな動物、食べ物、故郷の景色、などなどの素材をダウンロードして印刷して切り貼りします。

これで隙間を埋めることも簡単に出来ます。

色紙のテンプレを使用する

真白な色紙が嫌だなと感じたら、ネット検索でテンプレを使用してみましょう。

色紙のテンプレではなくても、背景などで検索すると結果が出てきますよ。色紙一面に貼ってしまうことで真白を回避することができます。

 

まとめ

真白な色紙に、黒文字でのメッセージはとても寂しさや業務的な雰囲気を感じます。

  • 色紙の隙間を埋める
  • カラフルに気を使う

この2点に注意しているだけで、寄せ書きのクオリティがグンと向上します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です