【いつ行く?】お見舞いのタイミング、時間とマナー。上司の場合は?

カテゴリー

長期的な入院生活を送っている患者さんにとって、お見舞いは何度来てもらっても嬉しいものです。

だけど、お見舞いに来て欲しくないタイミングもありますよね。

 

入院した!お見舞い、いつ行く?

緊急的な入院の場合、まずは相手の情報を得るようにしましょう。

患者さんの家族や、親しい人からどういった状態なのかを聞いて、お見舞いに行く判断をするといいでしょう。

大怪我や、深刻な病状の場合、お見舞いに来て欲しくないという場合もあるからです。

長期的な入院生活では、時間を持て余しがちです。

何度も足を運ぶと喜ばれますよ。

 

お見舞いに行くタイミング

お見舞いに行くベストなタイミングは、体調や患者さん次第です。

詳細が分からない場合は、入院や手術から1週間後程度過ぎてからがいいです。

病院にも慣れ、体調とも向き合い、治療の経過も見ることが出来始めた、ちょうど良い期間です。

 

避けた方がいいタイミング

  • 入院直後
  • 手術後

入院直後は、検査や担当医・薬剤師・看護師さんからの説明など様々な予定が突然入ることもあります。

体調や気持ちが安定しておらず、お見舞いの対応が難しい場合もあります。

面会時間であっても避けた方が相手のためということです。

痛みに耐える表情や、むくみ、包帯ぐるぐるで管がたくさん繋がっているような状態は、あまり人に見られたくないですよね。

 

注意したい5つのポイント

お見舞いに行く際に、次の5つのことを気にしてみましょう。

退院が早い場合

1週間程度で退院出来る場合、お見舞いの必要性は無いと言えます。

逆に気を遣わせてしまうことになります。お互いの関係性を見極めて尋ねましょう。

怪我の場合

怪我の大きさにもよりますが、入院直後や手術後すぐのお見舞いは避けた方が良いと言えます。

軽い怪我の場合は、体調の回復を見て、率先してお見舞いに行くと喜ばれますよ。

大怪我の場合

中には、事故などで身体の自由に関わるほど大きな怪我をしてしまう場合があります。お見舞いに行く際は、ご家族やご本人とのやり取りを密に行い、間違ったタイミング、声かけなどをしないように心がけましょう。

ガンや難病の場合

ガン治療は進んでいるとはいうものの、その治療は辛く精神的にも落ち込んでしまう人が多いです。

難病でも同様です。

治療に使う薬は副作用が出るものが多く見た目がガラッと変わってしまうほど。こちらもやはり、ご家族やご本人とのやり取りを行った上でお見舞いに行くといいですね。

上司の場合

上司・部下という関係ならば、1人でお見舞いに行くことは避けた方が無難です。

まずは他の上司にうかがいを立て、上司と一緒にお見舞いに行く方法がオススメです。

威厳やプライドを損なわないように気をつけることも、お見舞いにおいてのマナーです。

 

お見舞いに行く時間帯

病院には面会時間があるので、基本的には従うことがベストです。

しかし、面会時間ではお見舞いにいけないという方は大勢いらっしゃいます。せっかくお見舞いに行ってすれ違いにならないように約束をしておくことがオススメです。

面会時間外でも、約束をしておけばお見舞いに行ける病院はあります。

<午前>

午前中は検査や診察・処置などが入ることが多いですからこの時間にお見舞いするなら事前に約束をしておくことですれ違いを防ぐことができます。

<正午>

お昼ご飯を一緒に食べるのであれば、正午を目指してお見舞いするといいです。相手が食べることの出来る食べ物や飲み物を手土産にすると喜ばれますよ。

<午後>

お昼ご飯を食べた後は、ゆっくりとしていることが多いです。体調が安定していると手持ち無沙汰になる時間帯でもあります。

この時間帯にお見舞いに行くことがベストです。時間にして13:30〜頃です。

<夕方>

午後はまた、検査や処置が入る場合もあります。夕食まで時間があく場合もあるので正午に続いてこの時間帯のお見舞いもオススメです。

<夕飯時>

仕事帰りで、夕飯を一緒にと考えるならこの時間がベストです。昼食同様、食べることの出来る食べ物を持参するといいでしょう。

<面会時間終了までの時間>

食後は昼食後同様にゆったりとしています。この時間でもゆっくりと会話を楽しむことが出来るでしょう。

<面会時間外>

時間外の面会は、見舞う相手とすれ違いになることが多かったり、処置中で会えなかったり、病院側から止められることもあります。

お見舞いする相手や、そのご家族と事前に約束をしましょう。時間外の面会も不可能ではありません。

<お見舞いに行く時に気に留めたいポイント>

入院中、元気な状態であれば手持ち無沙汰になることが多いです。しかし、ずっと時間があるという訳でもありません。

  • 入浴
  • 検査
  • 他のお見舞い
  • 外出・外泊
  • 診察

などに気を止めておくとお見舞いに行った際のすれ違いを防ぐことが出来ます。

 

お見舞いの約束をしておいた方がいい理由

患者さんが、上記のことなどでお見舞いに行ってもすれ違いになることを防ぐことも理由の一つです。

中には、サプライズでびっくりして欲しい、喜んで欲しいと思う人もいるでしょう。

しかし、入院中は身だしなみが整っていない場合があります。

見舞う側は、それでもいいと考えているかも知れませんが、患者さんにとっては身だしなみを整えて会いたいと思う人も多くいます。

相手のプライドを守る上でも、約束をすることがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です