注意
この文章や写真を引用や転載する場合はご連絡ください。
勝手な引用や転載は禁じます。

【お見舞い袋】封筒の選び方

お見舞いの機会は突然訪れるものです。

だからこそ、1枚は引き出しにトックしておきたい御祝儀袋。
水引やデザインの選び方によっては、お見舞いだけでなく、転勤時や出産時の御祝いや御餞別にも利用できます。

ここでは、御祝儀袋の

  • 購入場所
  • 選び方
  • 種類

などについてお話します。

ぜひ参考にしてくださね。

お見舞い袋が購入出来る場所

お見舞金を持って行く時に、必ず必要になる袋が、“御祝儀袋”です。
金封とも呼びます。

  • コンビニ
  • 100円ショップ
  • ドラックストア
  • スーパー
  • 量販店

基本的にどこでも購入が可能ではないでしょうか。
どこに置いておいても一定数の購入者がいる、それだけ需要があるということですね。

どんな袋を選んだらいいの?

御祝儀袋を見つけたあなた。
たくさんのデザインに、どの御祝儀袋を買ったらいいかと、スマホ検索した覚えはありませんか?

ご祝儀袋が並んでいる棚には、様々な色・柄・大きさの袋がありますよね。
お見舞金を入れる御祝儀袋は、何でもいい訳ではありません。
水引の種類や、デザインにも注意点があるので覚えておくと損はないですよ。

まずは紅白であること

黒白や白黄色、銀の線が入っているタイプがあります。
それらには、別の使用目的があり、お見舞いには不適切です。
必ず、紅白や慶次(お祝い事)目的で使用する御祝儀袋を選びましょう。

御祝儀袋の裏には、使用目的が書いてありますので購入前に確認するといいですね。

水引は「結び切り」と「鮑結び」

「結び切り」には一度結ぶと解けない事から『2度と繰り返して欲しくない』
「鮑結び」には、結び切りと同様の意味が込められています。

近頃は、「結び切り」の水引をほとんど見かけなくなりました。
その代わり「鮑結び」が結ばれている御祝儀袋が多く活用されています。
どちらを使用しても問題ありませんが、本来正しいとされているのは「結び切り」が結ばれている御祝儀袋でした。

より礼儀を大切にしたい相手なら、文房具屋さんなどの専門店へ出向いて購入すると好印象ですね。

重病や死期が近い

相手の容体がかなり悪かったり、死が近い時。
「紅白の御祝儀袋を使ってもいいのかな?」
と、躊躇したことはありませんか?

そういった場合は、「白地」の封筒や「向かって左に赤い線が入っている」封筒を使いましょう。
紅白の水引がついているご祝儀袋よりも、気持ちを控えた印象になります。

もっと軽い感じで渡したい

冗談の言い合える仲のいい友人や、親交深い身内にお見舞金を渡す時、
「水引がかけられた御祝儀袋は、ちょっと仰々しいな」
と、感じたことはありませんか?

そういった場合は、見かけが可愛くてカラフルな御祝儀袋を使うのもアリです。
受け取る側も、より気軽な受け取りやすさがあるでしょう。
デザイン性のある御祝儀袋を用いても、マナー違反にはなりません。

注意点としては、相手の容体や状況に応じて、そのデザインを選ぶこと。
容体が悪ければ、いくら仲の良い相手でも派手目は避けることが無難です。

選んじゃいけない御祝儀袋

    1. 黒白・黄色・銀の御祝儀袋や水引
    2. 花結び(蝶結び)の水引

黒白・黄色・銀色は基本的に弔辞で用いられるご祝儀袋です。
御見舞い時に使用してはいけません。

紅白の水引がかけられていても、「花結び(蝶結び)」の水引は選んではいけません。
「花結び(蝶結び)」には、「何度あってもいいこと」という意味が込められています。

【封筒?袋?】お見舞金は祝儀袋に入れて持参することがマナー

2017年11月11日

【金額・氏名・住所】お見舞い時、ご祝儀袋の書き方

2017年11月11日

1枚か2枚の御祝儀袋

御祝儀袋には、表包みだけのタイプや、中袋もついているタイプ、封筒タイプなど、いくつかタイプがあります。
どれを選んでも間違いではありませんし、マナー違反にもなりません。

表包みに中袋がついている2枚タイプの御祝儀袋

正式な御祝儀袋は、表包みと中袋の2枚タイプのものです。
中袋にお金を入れ、それを表包みで包むことで、より丁寧な心を表しています。

表包みだけのご祝儀袋

中袋がついておらず、表包みだけの場合です。
これは、2枚タイプのものが略式化されています。
価格も安くコスパがいいですね。

表包みだけでも問題ありませんが、より丁寧に包みたい場合は、現金を白い紙で包むといいでしょう。
また、白い封筒を利用してもいいですね。

中袋(封筒)だけの場合

可愛いデザインや、優しい色合いの封筒タイプのご祝儀袋があります。
相手も自分も気兼ねなく渡すことができるでしょう。

礼儀を優先させたい場合は、表包みと中袋がついているタイプを選びましょう。

包む文化
江戸時代までは、紙自体が贈答品になっていました。その中で白い紙で贈り物を包装することは何より相手を尊ぶ心を表していました。
また、白い紙は贈り手の身の穢れを清めると共に悪疫から贈り物を隔離しようとする表現だとも言われています。
神様への供物に白木の台に白紙を敷いたり、結納品が白木の台に乗せられている事も日本人にとっては特別な事でした。
紙や気持ちを重ねて相手を思いやる心が日本人らしい作法です。

まとめ

  • g御祝儀袋は、100均からドラックストアなど最寄りのお店で購入できる
  • 紅白で、「鮑結び」「結び切り」の水引がかけられていうタイプを選ぶ
  • 表包みと中袋の2枚タイプがより正式
  • 紅白でもリボン結びの水引は選ばない

その他のお見舞いマナーについてはこちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください