注意
この文章や写真を引用や転載する場合はご連絡ください。
勝手な引用や転載は禁じます。

病気の人を励ましたい!喜ばれるお見舞いの言葉

友達や会社の上司や同僚が、病気や怪我をして入院することがありますね。

お見舞いに行く時、相手にどういう言葉をかけたらいいのか迷うことがあります。

「病気の人を励ましたい!」というあなたの優しい気持ちが伝わる言葉をかけたいものですね。

入院している方に喜ばれるお見舞いの言葉やマナーを紹介します。

まず、相手を労わる言葉をかけよう

 

病気の方は、病名を知らされたショックがあったり、現在もつらい治療を受けていることが多いでしょう。

「今、お見舞いに行ってもいい時期か」を患者さんの家族に聞いてからお見舞いに行くようにしましょう。

 

患者さんに「頑張れ!」や「すぐ治る」とか軽い言葉はかけない方がよいでしょう。

病気の人は充分頑張っているのです。

 

「元気なあなたに何がわかる?」と患者さん自身が傷つくことがあります。

患者さんの体調は日によって違うので、相手のその日の状況を見て、言葉を選びましょう。

 

「ゆっくり休んでね。〇〇ちゃんの仕事はみんなで分担しているから安心してね」とか

「仕事の疲れが出たのかもしれないですね。これを機会にゆっくり静養してくださいね」などのように相手を労わる言葉をかけましょう。

 

医師を信頼するような言葉をかけよう

 

 

お見舞いに行って、「この病院より、A病院の方がよかったんじゃないの?」とか「その先生で本当にいいの?」とか、患者さんを不安にさせることを言うのは避けましょう。

 

患者さんは自分で選んだ病院に入院しているのです。

治療法に異議を唱えたり、病院の悪口は言わないようにしましょう。

 

それよりも、「お医者さんに任せれば大丈夫よ。この病院は有名な(施設がしっかりしている)病院なんだから大丈夫」とか「先生にお任せしたら早く快復するよ。あなたは運が強いから心配ないよ」というように患者さんが医師を信頼する言葉をかけましょう。

 

退院してからの楽しみを提案しよう

 

入院生活は、外に出られず退屈なものです。

いろいろ束縛されて、患者さん自身も好きなことができなくてストレスがたまっている場合が多いでしょう。

 

日頃活発に動いていた人なら、なおさら「早く退院して、楽しみたいな」と思うことがたくさんあるはずです。

お見舞いに行ったあなたの方から、患者さんが病気を克服してから楽しみたいと思うことを提案して言葉をかけましょう。

 

「退院したら、一緒に○○へ遊びに行こうね。何の乗り物に乗るか、考えておいてね」とか

「病気が治ったら、△△へ旅行しようね。一度、○○さんと一緒に△△へ行ったら楽しいだろうって考えていたの」のように、患者さんが前向きになって、「早く病気を克服しよう」という気持ちになる言葉をかけましょう。

 

普段の生活の場所で待っていることを伝えよう

 

 

長く入院していると、「仕事に復帰できるのだろうか?」「職場に行っても私の居場所はもうないのではないか?」と心配する患者さんもいます。

学生さんなら、「勉強に遅れをとっているのではないか?」「友達の中に入っていけるのだろうか?」という不安を抱えている人もいるでしょう。

 

そういう人には、「職場ではみんな○○さんの帰りを待っていますよ。やっぱり○○さんが一番頼りになりますから」とか、「○○ちゃんがいないと学校も寂しいよ。また、○○ちゃんのギャグを学校で聞かせてね」のように、「あなたの居場所で、みんな待っていますよ」という気持ちを伝えてあげましょう。

 

この時、「あなたの分の仕事が滞って困っている」とか、「勉強はここまで進んで大変である」というような、患者さんが聞いて負担になるようなことは伝えないようにしましょう。

 

また、「あなたがいなくても、仕事は回っていますよ」という言葉もよくありません。

患者さんの負担を減らしているように聞こえますが、「私がいなくても職場はまったく困っていないんだ……」と自分の存在意義を否定された気持ちになり、患者さんがショックを受けてしまいます。

 

「できることがあったら言ってね」と伝えよう

 

 

病気が深刻で、余命を宣告されている場合もあります。

もう治療法が何もない患者さんもいます。

 

非常に難しいのですが、下手な慰めができないほどつらい状況の方もいることは確かです。

そういう時は、ただあなたが手を握ってあげるだけでもいい場合もあります。

 

「私にできることがあったら、何でも言ってね」とか「いつでも来るから。話したいことは何でも私が聞くからね」と、相手に寄り添った言葉をかけましょう。

 

患者さんによっては、「最期にこれをしたい」という希望があるかもしれません。

「必要なものがあったら、何でも言ってね。私が持ってくるからね」とかもよいでしょう。

 

大事なのは「あなたに寄り添います」という気持ちです。

ただ側にいてほしいという気持ちがある場合もあるので、「私はあなたの側にいるよ」という気持ちを伝えられたらいいですね。

 

まとめ:お見舞いの言葉は相手に寄り添って

 

病気の人を励ましたい時、喜ばれるお見舞いの言葉を紹介しました。

お見舞いの言葉と考えると難しいかもしれませんが、まず患者さんの気持ちを受け止めてあげてください。

 

病状とかもあなたから根掘り葉掘り聞かないで、患者さん自身が話したくなった時点で、聞いてあげるようにしましょう。

その時のお見舞いの言葉は「大変だったね」と患者さんの気持ちに寄り添って、しっかり受け止めましょう。

 

患者さんに不安を与えず、あくまでも前向きなお見舞いの言葉を伝えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください