【なんて書こう…】電報や手紙の変わりに、寄せ書きがオススメな4つの理由

カテゴリー

闘病している相手に、手紙を書く機会ってありますよね。

そんなとき、内容や長さなどで迷ってしまうことがありませんか?

今回は、そんな「手紙」で迷っていいる方へ寄せ書きのメリットをご紹介します。

寄せ書きは、お見舞いに行けないという人のお見舞い品としてもオススメなのでぜひ参考にしてください。

 

寄せ書きのメリット

  1. 短い文章で簡潔にまとめられる
  2. 誰かと被ってしまっても類義語で言い換えられる
  3. お見舞いに行っていなくてもお見舞いしたことにできる
  4. そんなに仲が良くなくても、お見舞いをしたことにできる

短い文章で簡潔にまとめられる

体調を崩している相手へ手紙を書くことは、とても神経を使うことです。「これは書いても大丈夫かな?」「この文章では失礼にならないかな?」とネットでマナーや文章を検索して時間をついやすことでしょう。

せっかく書いても、まだまだ余白が残っている…そんな時にも寄せ書きなら問題を解決することができます。

寄せ書きでは短文を書けばいいのであれにこれにと書く必要がありません。また、誰がどんな文章を書いているか参考にできるという点もポイントです。

誰かと被ってしまっても類義語で言い換えられる

短文だと、ありきたりな言葉を選びがちです。

「また飲みに連れて行ってください!」「ゆっくり休んでください」などなど…。

まんま同じになってしまいそうなら、その言葉の類義語や関連単語を調べて、ちょっとオリジナルを加えれば自分なりのメッセージとして贈ることができます。

お見舞いに行っていなくてもお見舞いしたことにできる

相手と自分の関係が大前提です。

厳密に言えば、当然お見舞いに行った方がいいです。寄せ書きでお見舞いを済ませるだけでは失礼に当たることもあります。

ただ、どうしてもお見舞いに行けないという場合もあります。

そんな時には先に寄せ書きでメッセージを贈っておくという方法もあります。「来週には顔出すからな!」「それまでくたばるなよ!」これは冗談が言える仲で使えるパターンですが、こんな風にメッセージを書くことでお見舞いに行っていないという罪悪感から解放されますね。

そんなに仲が良くなくても、お見舞いをしたことにできる

相手との関係から、お見舞いに行くかどうが迷うことってありますよね。

そんな時にも寄せ書きが最適です。

例えば、お見舞いに行くほどの仲でもなけれど、お見舞いしたい気持ちがあるという人を集めて寄せ書きを書いてもいいですね。

 

寄せ書きのデメリット

それは、あまり喜んでもらえないということです。

実際に寄せ書きをもらって嬉しいかというアンケートでも「あまり嬉しくない」という人が多いことが特徴です。

その理由としては、飾る場所がない・仲のよくない人や関係が微妙な人からメッセージを受けとても嬉しくないということが挙げられます。

そんな時には、お見舞いビデオレターがオススメです。

メッセージの代わりに、人物を撮影して1本のビデオレターに編集します。文字だけでは伝えきれない雰囲気や懐かしさ、楽しさなども伝わるので病室にいる相手にも同じように感じてもらうことができます。

お見舞いビデオレターとは?

お見舞いビデオレターは、ありきたりなお見舞い品は贈りたくないという人にもオススメです!

 

まとめ

寄せ書きは、手紙を書きたくても文章や構成に迷っている・不安な方にオススメです。

また、お見舞いに直接行かずとも間接的にお見舞いができ、相手との関係が微妙でもお見舞いの気持ちを伝えるというメリットがあります。

その反面、あまり嬉しくないお見舞い品としてもあげられるものが寄せ書きです。

そんな時にはお見舞いビデオレターという方法でお見舞いをすることも方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です