【封筒?袋?】お見舞金は祝儀袋に入れて持参することがマナー

お見舞金は、御祝儀袋に入れて相手に渡すことがマナーです。

御祝儀袋には熨斗が付いていたり、付いていなかったり、水引の結び方も3通りほどあります。
それぞれに意味があり、使い道を間違えれば、たちまちマナー違反になってしまいます。

マナーを知らない大人では、後輩や先輩に顔向けできませんね。
見栄を張って、常識の正解を見せられるように、常識を知っておく必要があります。

ここでは、御祝儀袋について、お見舞いに役立つご紹介をします。

お見舞金はご祝儀袋に入れて持っていく

お見舞金だけでなく、現金をそのまま相手に渡すことは、マナー違反です。

お見舞金を包む袋を、御祝儀袋と呼びます。
紅白で水引が結んである封筒です。

最近では、可愛いタイプや綺麗なタイプなど様々なデザインの御祝儀袋が販売されています。
オーソドックスな御祝儀袋は、

  • 紅白の水引
  • 鮑(あわび)結びか結び切りの水引

の、タイプです。

このオーソドックスな御祝儀袋は、一見古めかしい気もしますが、相手や場を選ばないので会社員であれば1枚でも常備しておくと重宝します。

ご祝儀袋のいろは
現金や品物や手紙など、様々な物を、その都度、紙で包み贈ることは日本人特有の気持ちの示し方です。
紙を重ね、熨斗を飾り、水引を引くことで、より相手を気遣うことを表現しています。

 

病気なのに紅白の水引を使う理由

お見舞いでは、御祝儀袋すなわち、紅白の水引で鮑結びか結び切りを選ぶとお話しました。

「病気なのに、紅白?」

と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お見舞いで紅白。
不思議ですよね、めでたくないのに。

しかしこれにはちゃんと理由があります。
この時の紅白には「病気の回復を願う」という“前向きな気持ち”が込められています。

どんなに相手の容体が悪くても、白黒・白銀・白黄などの袋は使用してはいけません

病状が悪い場合は

では、もしも、相手の容体が悪くて、“万が一”という場合でも、紅白の御祝儀袋を使用してお見舞金を渡すのでしょか?
それでも問題はありません。

もし、
紅白の御祝儀袋を使うことがためらわれる場合には、白封筒や赤線が1本入った封筒を選びましょう。
御祝儀袋よりも、気持ちを控えた印象になります。

できるならば、そんな状態の時に、お見舞いは避けましょう。
相手やご家族の状態や様子を伺って、お見舞いをすることがベストです。

 

水引は「結び切り」か「鮑結び」を選ぶ

水引にはいくつか種類がありますよね。

お見舞いでは、結び切り(真結びとも呼ぶ)を使うことが一般的でした。

最近では結び切りの水引を見かけなくなり、同じ意味を持つ鮑結びが活用されています。

「結び切り」や「鮑結び」には、「2度と繰り返して欲しくない」という意味が込められており、相手の回復とそれ以上の病気が無いことを願う証でもあります。

お見舞いの際は、結び切りか鮑結びを選びましょう

水引に込められたもうひとつの意味

水引には封緘(ふうかん)の役割もあります。
「封を開けていない」という意味です。
送り手の真心や、相手に届くまで開封していないことを示す“証”でもあると言われています。

 

水引のない御祝儀袋だったらこれを使おう

「水引がない御祝儀袋がない!」
そんな時には、以下のような御祝儀袋を使いましょう。

  • 白の封筒
  • 赤の線が入った封筒

水引が結ばれていないぶん、公式さには欠けますが、マナー違反ではありません。

最近では、様々なデザインの御祝儀袋が販売されています。
贈る相手や、相手の容体に合わせて選ぶといいですね。

 

のしはあっても無くても良い


熨斗(のし)とはそもそも、長寿をもたらす縁起物として、お祝いの席で“のしあわび”が献上されていたことがルーツになっています。

そのことから、
「お見舞いの際には熨斗がついている祝儀袋を選ぶ」という考え方があります。

反対に、祝儀袋が慶事に用いられることから、
「病気は喜ぶことでは無いので熨斗がついていない御祝儀袋を選ぶ」という考え方もあります。

その土地の風習などもありますし、どちらを使用しても間違いではありません。

熨斗が付いていない祝儀袋がメジャーになっている

しかし、最近では「熨斗がついていない祝儀袋を選ぶ」という考え方が普及しているようです。

理由としては、

  • 店頭に売っている祝儀袋に熨斗がついていないタイプが多い
  • 弔事で生物は厳禁とされており、この名残り
  • お見舞いは慶事では無い

という事が挙げられるでしょう。

ネットで検索しても、熨斗はついていないタイプを選ぶと教えてくれいるサイトが多くあります。
熨斗はついていてもついていなくても間違いではありませんが、上司や先輩、両親に尋ねてみると周りと足並みが揃っていいでしょう。

 

祝儀袋はふくさで包むことがマナー

祝儀袋を持参する際は、ふくさを用いることがマナーです。

祝儀袋は慶事である紅白を選びましたが、ふくさは反対に落ち着いた色合いの物を用います。

ここで便利なふくさの色は、紫。

紫は、慶事・弔事どちらでも使用することが可能だからです。

【お見舞いで使うふくさ】色・包み方・渡し方・袱紗が無い時はどうする?

2018.01.19

 

まとめ

形式の場所で現金を相手に渡す際、現金を裸の渡すことはマナー違反です。

祝儀袋・不祝儀袋・香典袋などを使用し、無ければ何かしら用意立てを行いましょう。

とにかく現金だけで渡さない事が重要です。

大人なら、ふくさの質にもこだわりたいものです。

マナーある作法でお見舞いに行きましょう。

届いたら持っていくだけ!宛名代筆付きのご祝儀袋セットはコチラから

 

◾参考文献◾

  • こんなときどうする?冠婚葬祭 伊勢丹の最新儀式110番(誠文堂新光社)
  • 早引き図鑑 知りたいことがすぐ引ける冠婚葬祭とマナー大辞典(成美堂出版)
  • あなたの人生を変える日本のお作法(自由国民社)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください