注意
この文章や写真を引用や転載する場合はご連絡ください。
勝手な引用や転載は禁じます。

【父の日アンケート】入院中のお父さんにおすすめなギフト

さて、では入院中や闘病中のお父さんにはどのようなギフトがおすすめなのでしょうか?

前回のお話

【父の日】闘病中のお父さんにアンケート調査

2019年6月1日

実際に闘病経験のあるお父さんが父の日にもらったギフトを踏まえておすすめギフトを教えてくれました。

おすすめの食べ物なら!

  • 一緒に飲むことを楽しみにできるお酒
  • 喉を通らない時は飲み込みやすいゼリー
  • 好きな食べのもを手作りで
  • 家族の負担を減らす目的としても使えるお取り寄せグルメ
  • ご当地限定のグルメ
  • 飲み物を箱買い
選び方のポイント
食べ物は、体調や食事制限の有無を確認してから選ぶこと。
一緒に食べる時間を作ると、より喜んでもらえる。
胃の負担にならないようなものを選ぶ。

おすすめの衣類なら!

  • 趣味にあったデザインのTシャツ
  • 着脱しやすく、前開きのパジャマ
  • 体温調節に欠かせないカーディガンや羽織
  • 靴下
選び方のポイント
6月7月は、ジメジメや暑さなどから体調を崩しやすくなる時期です。
綿や麻などのさらっとした肌触りがおすすめです。
また、汗をかきやすいので洗濯のタイミングも増えます。肌着は何枚あっても重宝すると思います。
前開きは、診察の際にもお腹を出しやすく適切なタイプです。

おすすめの靴・スリッパ・リネン類なら!

  • リハビリ用の靴
  • スリッパ
  • ガーゼタオルなど
選び方のポイント
入院中は、毎日入浴できるとは限りません。
長期入院ともなると、スリッパも意外と消耗品になります。
履きやすく軽いタイプがおすすめです。
また、リハビリ用の靴を購入される方は意外と少ないので自宅へ帰ってからも使うのであればリハビリ専用の靴もおすすめです。
枕やタオルなどのリネン類は、これからの時期体温調節には欠かせないアイテムとなります。
見た目も涼しく肌触りがさらっとしたタイプを選ぶことで、少しは空調に頼らずとも快適に過ごすことができます。
肌触りのいいタオルやシーツは、安心感ももたらしてくれますよ。

電化製品もおすすめ!

  • 電気ひげそり
  • タブレット
  • ポケットワイファイ
  • ラジオ
選び方のポイント
男性が意外と重宝しているのは電気ひげそり。
入院初期に持参しがちなT字カミソリは、長期入院になるに連れて不便になります。
体調が悪い時にこそ、ベット上でも使うことができる電気ひげそりは、よくそれるタイプを選ぶことがおすすめです。
タブレット端末は、スマホよりも画面が大きいので目の悪いお父さんにはもってこいのギフトです。
小説やゲームなども楽しめ、アプリをインストールスレは無料電話や写真を送ることもできますね。
インターネット回線を得るために、ポケットワイファイを契約して持っていってあげるとありがたいですね。

家族との時間は超おすすめ!

  • 家族の写真
  • 家族からのメッセージ
  • 病院に泊まる
  • 一緒に食事をとる
  • お見舞いに来てくれる
選び方のポイント
意外と多かったのがこの回答。
実は、手紙や写真系は、一般的なお見舞いでは“もらって困ったもの”として挙げられていました。
しかし、家族だからこそ嬉しい気持ちになるようです。
支えてくれる人がいる、帰ってこれる場所がある、そういった生きる希望を奮い立たせてくれるのが家族からのメッセージであり写真なのですね。
また、家族は面会時間に余裕があるために寝るまでの時間を過ごすこともできます。
就寝前は寝つきが悪いという方も、家族がそばにいてくれたことで安眠できたということがあったそうです。
遠方にいてなかなか会うことができない方は、昼食時や夕食を一緒に過ごすのもおすすめです。

子供を連れて行く方法

お孫さんを連れていったら大変喜んでくれました!
という方がいらっしゃいました。
しかし、感染症予防のために、小学生くらいまでのお子さんの面会を控えて欲しいという病院もたくさんあります。
そんな時はどうしらたいいのでしょうか?

  • 病院の外
  • ロビー
  • レストラン
  • 談話室

これからの時期、気候も良く外に出るだけでもとても気分転換になります。
それが心と身体のリハビリにもなります。

小さなお子さんは感染症だけでなく、他の患者さんの気持ちを揺さぶることが多くあります。
また、お子さん連れの面会が気になったことがあるという患者さんは多くいらっしゃり、気をつけたいマナーでもあります。

まずは、病棟の看護師さんやお父さん、ご家族に相談してからにすることがおすすめです。

【入院中!】お見舞いに子供を連れて行く方法

2017年11月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください