【お見舞金は必ず祝儀袋へ】水引と熨斗(のし)は必要か

カテゴリー

お見舞い金を渡す際には、お金を裸で渡す事はマナー違反です。

お金を渡す時に使用する“ご祝儀袋”があるので、それを用いましょう。

その際、水引や熨斗はどうしたらいいか知っていますか?

 

水引とは

祝儀袋・不祝儀袋についている、帯紐のことをさ指します。

この帯紐は紙をねじって(こより状にして)、のりで固めてあります。

元々は贈り物を紐でしっかりと結び止めていた事に由来しています。

水引は、贈るシーンや物(金額含む)によって、色・種類・本数が決まっています。

それについては、以下でご紹介します。

最近では本物の水引ではなく、プリントされているご祝儀袋・不祝儀袋も多く出回っています。

 

お見舞金いろは

水引の起源に付いては、諸説あります。

その中でも有名なお話。

室町時代、日明貿易で明からの贈り物には全て紅白の紐が結われていました。

これを見た当時の日本のご先祖様が、贈答品にはこういった習慣があると勘違いをしてマネをしはじめたのがきっかけ。

また、水引には封緘(未開封)の役割もあるとされ、相手に贈り物が届くまで決して開けられていないことを示すとも言われています。

 

水引の種類

水引の基本的な結び方は3種類。

  • 鮑結び(あわじ結び)
  • 花結び(蝶結び)
  • 結び切り(真結び)

それぞれに、意味があります。

【鮑結び(あわじ結び)】

結び目を引っ張ると、さらに強く結ばれる事から、「今後とも末長くお付き合いして行きたい」という意味が込められています。

慶事・弔辞ともに使用出来る結び方であり、「2度と繰り返さない」という意味もあります。

【花結び(蝶結び・もろわな結び)】

簡単に解く事ができ、何度でも結び直せる事から「何度あっても嬉しい」という意味があります。

進学・出産・御礼などに使用され、水引の本数や装飾が豪華であれば婚礼にも使用されます。

【結び切り(真結び)】

鮑結び(あわじ結び)と同じような意味で使用されます。

固く結ばれ、解く事が難しい事から、「一度きり・繰り返さない」という意味が込められています。慶事(めでたい席)では婚礼・お見舞い・快気祝い、弔辞ではお悔やみとオールマイティに使う事ができる水引の形です。

最近では、ほとんどがプリントで柄が施され、水引としては滅多に見かけなくなりました。

 

水引の本数

3・5・7本と、奇数で使う事が多いようです。

*9も奇数ですが、不吉な数字(9=苦)として使用しません。

これは、陰陽思想に基づく考え方から来ています。

本数はお見舞いの品や金額に応じて使い分けます。

婚礼などのめでたい慶事では、きらびやかな装飾と共に10本(5本を重ねた)の水引を使用したりします。

5を重ねて、より豪華に、より満ち足りているという意味が込められています。

 

お見舞金いろは

陰陽思想とは

中国の古くからの考え方で、森羅万象あらゆるものを様々な観点から陰と陽、この2つのカテゴリに分けた考え方。

単数字の1・3・5・7・9の奇数は、陽・天・日・上・動・明・表といった積極的な面を表すおめでたい数字と言われて来た。

これに反して、偶数は陽の当たらない陰な数字とされているためお祝い事には使用しない。

 

お見舞いには、紅白の結び切りか鮑結び使用する

どちらの水引にも「2度と繰り返さない」という意味が込められているので、どちらかを使用します。

水引の本数は金額にもよりますが、3,000〜10,000円の場合は5本・7本が妥当でしょう。

本来は、お見舞いには結び切りを用いるとされている地域もありましたが、最近では結び切りの水引はほとんど見かけなくなりました。

水引の数も選べず、特に100円均一に売っているご祝儀袋は7本がほどんどです。

習慣を大事にする地域や親族の場合は、事前に確認を取ると恥をかかずに済みます。

水引のプリントが施されているご祝儀袋もありますが、大人ならばなるべく避けたいものです。

 

水引が無い場合

必ずしも、水引がなくてはならないという訳ではありません。

水引が無い慶事用のご祝儀袋がありますので、それを用いてください。

  • 白の封筒
  • 白に赤線の入った封筒
  • お祝い事用の封筒(派手では無い)

最近では、お見舞い用にシンプルな柄が施されたご祝儀袋が売っています。

こういったご祝儀袋を使用するのも、新鮮な気持ちで良いですね。

 

 

熨斗(のし)とは

贈答品を包む際、熨斗袋(のしぶくろ)とか、熨斗紙(のしがみ)とか、よく耳にします。

熨斗(のし)とは、右上についている飾りのことを指します。

厳密に言うと、飾りの中央・黄色く細長い物がのしあわび。

のしあわびを上が広く、下が狭い装飾で施してあります。

熨斗の由来

熨斗とは、本来、あわびを伸ばしたり干したりと加工して作った食べ物。

「のしは延命」、「あわびは長寿」をもたらすとされ、古来より縁起物とされてきました。

慶事の際には、縁起物のの贈答品として用いられて来ましたが、やがて簡素化されて行き、あわびの代わりに紙で作った折り熨斗が使われるようになりました。

より丁寧に物を送ると言う意味が込められています。

 

お見舞いで熨斗はつけたほうがいいのか?

本来、熨斗は長寿をもたらす縁起物とされて来ました。

ということから、お見舞いのご祝儀袋には熨斗をつけるという風習もあります。

反対に、お見舞いのご祝儀袋には熨斗をつけてはいけないという風習もあります。

その理由として、あわびは生物なので弔事では避けられていると言う事が挙げられます。(仏事で生物はNGである)

そのため、熨斗は慶事の際に用いると理解され、お見舞いは回復を願い祝う慶事でありながら、縁起物である熨斗は避けられている(生物の為)という風習です。

熨斗がついていても、ついていなくても、どちらでも間違いでは無いと言う事です。

その土地の風習を聞いて、その通りにすると間違いがなくて済みますよ。

 

まとめ

お見舞いに現金を持って行く時は、ご祝儀袋に入れて持って行くようにしましょう。

できれば、袱紗に包んで行くとより丁寧です。

ご祝儀袋は以下のポイントで用意してください。

  • 紅白の慶事用
  • シンプルな柄物でも可
  • 水引はあわび結びか結び切り
  • 熨斗はついていてもいなくても大丈夫

 

贈り物は、昔の人々の心を繋げて来た「相手を想う気持ち」の表れです。

より丁寧に、より美しく、より気持ちよく。

日本人の素敵な心遣いですよね。

◾参考文献◾

  • 小笠原流礼法入門 見て学ぶ日本人のふるまい(講談社)
  • こんなときどうする?冠婚葬祭伊勢丹の最新儀式110番(誠文堂新光社)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です