【お見舞金の相場っていくら?】上司・目上の場合、ポイントを抑えてマナー違反を防ごう!

カテゴリー

お見舞い金の額は、贈る相手によって変わります。

それぞれの金額、相場はいくらなのでしょうか?

また、上司や目上の人にお見舞い金を渡す際の注意点についてもご紹介します。

 

お見舞金の相場

親しい友人・知人 3,000〜5,000円
仕事関係者 3,000〜5,000円
上司 3,000〜10,000円
同僚(先輩・後輩含む) 3,000〜5,000円
部下 3,000〜10,000円
会社関係者 控える〜3,000円
家族・親族 5,000〜10,000円

仕事先や仕事関係者への場合は、その付き合いの深さやお互いの立場などから相場が変わります。

高額では相手に気を遣わせますし、少なすぎても失礼に当たります。

お見舞い金の相場を踏まえて、お互いに負担の無い範囲でやりとりを行うことが一番望ましい金額です。

また、友人や家族内でも、自分だけ金額が合わないということも避けたいですね。

周りと足並みを揃えることも必要です。

 

お見舞いを“お金”にする時に注意したいこと

金額の注意点

金額は、4(死)・6(無)・9(苦)の付く数字は避けましょう。

4万円、6万円、9万円はNGです。

海外では、13が不吉とされている地域もあるので、贈る相手に応じて注意が必要です。

 

贈る相手が目上・上司の場合

お見舞い金を渡す相手が自分よりも目上や上司だった場合、以下のような理由から失礼に当たる場合があるので注意が必要です。

  • お金を贈る行為が、お金に困っていると受け取られてしまう
  • 目上の人に対してのお見舞いは、見舞う自分が優位に立ってしまうと受け取られる

このような場合には、現金を包む祝儀袋の表書きを以下のように書きましょう。

こう書くと◎
  • お伺
  • お伺い
  • 御伺
  • 御伺い

また、上司にお見舞金を渡す際に、「色々と迷ったんですが・・・」などと一言口添えをすると、より失礼を避けることができます。

【金額・住所・氏名】祝儀袋の書き方

現金カードという選択肢もアリ

現金を贈ることが、どうしてもためらわれる場合、現金カードを贈るというのも方法です。

例えば、院内に置いてあるテレビカード。

これはテレビだけでなく冷蔵庫にも使用できます。

また、喫茶店のある病院ならコーヒーチケット、コンビニがあれば専用のプリペイドカードなどもいいでしょう。

アマゾンや楽天などでお買い物ができるショッピングギフトカードもオススメです。

【商品券やクオカード】お見舞金の代わりとなるギフトカードの種類とオススメ

 

まとめ

お見舞金は贈る相手によって金額が変わります。

お見舞いの気持ちだからと、相場より高くても相手が困ってしまうことに…。

気持ちは大事ですが、節度を守った金額ということが大切です。

上司や目上の人にお見舞い金を贈る際は、表書きを「御伺い」に変えることで失礼を防ぐことが出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください