注意
この文章や写真を引用や転載する場合はご連絡ください。
勝手な引用や転載は禁じます。

【病院食はまずい!】入院時の食事を美味しく食べよう

まずい!食べられない!
病院食を残してしまう理由とは?

入院中の食事は、唯一楽しみの時間でもあります。
しかし、病院食は「美味しくない!」と感じる人が多く、カップ麺やコンビニ弁当などを食べている人もいらっしゃいます。

その理由を経験者に聞くと、大まかに分けて、以下のような3つの理由があります。

  1. 味が薄い
  2. おかずが少なく、ご飯が多い
  3. 食事の見た目や環境の問題

この問題に対策を講じることができれば、楽しく美味しく食事の時間を送ることができますね。
なので、お見舞いギフトにご飯のお供を選ぶことは、喜ばれることでしょう。

今回は、病院食を美味しく食べることができない理由を知って、美味しく食べるための対策をお教えします。

病院食が美味しくないと感じる理由は?

1、味が薄い

病院食の味が薄い問題は言わずもがな、入院を経験したことの無い方もご存知なのでは無いでしょうか。
病院食の塩分量は、厚生労働省が定めている食事摂取基準に準じていることが多く、1日8.0gがベースとなっています。
治療の内容に応じては、もっと塩分が少なく設定されている方もいらっしゃるでしょう。

・ナトリウム(食塩相当量)について、高血圧予防の観点から、男女とも値を低めに変更。
18歳以上男性:2010年版 9.0g/日未満 → 2015年版 8.0g/日未満
18歳以上女性:2010年版 7.5g/日未満 → 2015年版 7.0g/日未満
引用:厚生労働省〜「日本人の食事摂取基準」(2015年版)〜

普段、自宅で調理をしている時に、塩分量を測っていますか?
8.0gの塩分は、どの程度なのか。
パッと思い浮かびますか?
大さじ小さじだと、このようになります。

食塩:小さじ1=約5g

普段、調理をする方ならわかるかも知れませんが、この量って、相当少ない量なんです。

例えば、セブンイレブンでお弁当を買った場合、
例えば、ガストで食事を摂った場合。

仕事で疲れていて、身体中がエネルギーや塩分や糖分を欲している状態の時は、味の濃い料理を美味しいと感じます。

外食はもちろん、自炊をしていても知らず識らずのうちに味の濃い食事を摂りがちなのです。
そんな濃い味付けに慣れている私たちが病院食を美味しいと感じるはずが無いのです。

もちろん、薄い味に慣れている方や、女性、お年寄りは、病院食を美味しいと感じる方も多いですよ。
特に男性が美味しく無いと感じている場面を多く見ました。

2、おかずが少なく、ご飯が多い

病院食って、ご飯がとにかく多いです。
味の薄いおかずに対して、食べられるお米の量じゃ無いですよね(^_^;)

中には、主食をお米ではなくて麺類やパンに変えている方もいらっしゃいます。
しかし

3、食事の見た目や環境の問題

病院食が盛り付けられている食器は、いかにも食欲が沸き立たないような器です。

また、食事を撮る環境にも問題があります。
特に大部屋で同室の方がポータブルトイレを置いていたり、痰がらみの咳や鼻をすすっていたりしたら、なんとなく食欲も失せてしまいます。

まあ、病院は健康を目指して治療をする施設なので、ここに不満を言っても仕方ないのですが、やはり食事の見た目や環境も大切な要素ですよね。

病院食を美味しく楽しく食べるための対策

ご飯のお供を持ち込むこと!
それに限ります。

しかし、病院食は患者さんの栄養状態や治療に合わせた献立が提供されています。
例えば、栄養状態が低い患者さんには栄養補給が施された内容、太っている患者さんにはダイエット食、また腎臓が悪い方、心臓が悪い方、その方の状態に合わせたそれぞれの食事が提供されます。

そんな体調に合わせて管理された食事内容の中に、計算されていない塩分や糖分、エネルギーが増えてしまうと体調を崩してしまう原因に繋がります。
また、看護師さんの目に余る場合は、注意されてしまう場合もあります。

選ぶときのポイントは、減塩やカロリーが調整されているタイプを選ぶこと。
また、看護師さんは話を通して置いた方がいいですね。

では、病院食を残さずに美味しく食べるには、どのような方法があるのでしょうか?
先輩患者さんからいただいたアンケートを元にご紹介して行きます。

病院食が美味しく食べる方法は?

調味料やおかずを持参する

調味料や、ふりかけ佃煮を病院に持ち込む人が多くいらっしゃいました。

1、調味料

醤油やマヨネーズ、ソースなどをストックしておく方法です。
これは味気ないなと思った時にご飯を美味しく食べることのできる方法です。
個包装されているタイプ、使い切ることのできる量を選ぶことがポイントです。

マヨネーズやソースを持参しました。
毎回かけなくても、「今日は」という日に使っていました。
味が濃いと、食べ応えもあり食べ終わった後に「まだ何か食べたい」という感じを回避することもできました。

2、ふりかけ

山盛りのご飯にふりかければ、おかずが物足りなくても進んでご飯を食べることができます。
病院では、のりの佃煮や梅醤、ちょっとしたふりかけならつけてくれるところもありますので、せっかくプレゼントするならばまた違った雰囲気のふりかけを選ぶと喜ばれますよ。

ふりかけをお見舞いでいただきました。
遠方に住んでいる友人で、ここら辺では売っていないご当地ふりかけだったので味わうことも楽しみのひとつになりました。

3、汁物

スープやお味噌汁は、お腹を充分に満たすことができます。

カップ麺をご飯の後に食べることがありました。
麺がないスープタイプは、小腹が空いた時に重宝します。
お椀がないので紙コップなど使い捨ての容器も一緒にくれると嬉しいです。

4、ジャム

パンの日に最適なのがジャム。
いちごやマーマレードの他にも、ご当地ジャムなど滅多に食べることのできないタイプは、食事の際の楽しみにも繋がりますね。

おすすめのご飯のお供

油っぽくなく、しっかり味がついているのでご飯が進みます。
4枚ほど入っていますが、大きさと味付けから十分な量です。
スーパーではなかなか購入できない品だと思います。お見舞いにいただきましたが、ご飯を美味しく食べることができました。
新潟で有名な塩干物屋。
乳がんでなくなった芸能人の小林麻央さんも美味しいとブログで紹介していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください