注意
この文章や写真を引用や転載する場合はご連絡ください。
勝手な引用や転載は禁じます。

【徹底比較!】コンビニで販売されているカップラーメンをテーマごとに紹介

コンビニなどで取り扱ってるカップラーメンは、夜中に小腹が空いた時や、入院中に直接ラーメン屋に食べに行くことができない方、お見舞いの際の手土産や、多くの人の胃袋を満たす食事として重宝されています。

近年コンビニで販売されているカップラーメンは、有名店とのコラボやPB(プライベートブランド)、限定発売の商品などによって、消費者から根強い人気を誇っています。

そこで今回の記事では、コンビニ各社で販売されているカップラーメンをあらゆるテーマごとに分類して紹介していきます。

テーマ①ボリュームたっぷりラーメン 3選

まずはじめに紹介するのは、ガツンと食べたいときに選ぶべきボリュームたっぷりのラーメン3選です。

エースコック スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン

価格:210円(税抜)

内容量(麺量):104g(90g)

カロリー(Kcal):453Kcal

味の特徴:特許製法の「バター状ブロック」を活用したことで、ポークやホタテの旨味が利いた塩ラーメンスープに加え、バターによる甘みやクリーミーさが増した本格的なスープが楽しめます。弾力と滑らかさを併せ持つ丸刃の麺と、キャベツ、人参、ネギを加えたシンプルなやくみは、多くの人の食欲をそそるカップラーメンに仕上がっています。

口コミ:

・ベースのスープは美味しい。ただしバターは調整しながら食べるのが吉

日清食品 カップヌードル カレー

価格:193円(税抜)

内容量(麺量):87g(60g)

カロリー(Kcal):422Kcal(めん・かやく:363Kcal、スープ:59Kcal)

味の特徴:ガツンと食べたい時は日清食品のカップヌードル カレーをおすすめします。トロミのあるカレースープとコシのある麺のコラボレーションは格別で、具材もポテトやダイスポーク、ミンチポーク、にんじん、ネギといったカレーに近い具材を使っており、カレー独特の辛味と食欲をそそる味に仕上がっています。

口コミ:

・定番カップヌードルで一番好きなのはカレー

・カレー味は学生時代の思い出です

・カレー味はとろみのあるスープが濃厚で麺によく絡み美味しいです

サンヨー サッポロ一番 カップスター しょうゆ

価格:193円(税抜)

内容量(麺量):72g(60g)

カロリー(Kcal):308Kcal

味の特徴:香ばしいしょうゆとガーリックや黒胡椒などのスパイシーな味わいが特徴のスープは、どこか懐かしく口コミでも「シンプルかつ定番な味」と言われるほど人気の一品になります。麺は丸大豆しょうゆベースの味付けが施されており、喉越しの良い細麺に仕上がっています。

具材も国産豚肉を使用したポークダイスやスクランブルエッグ、えび、ねぎは美味しさを倍増させてくれるため、コスパが最高なカップラーメンです。

口コミ:

・あっさり系醤油味の定番

・懐かしい味であり、王道をいくスープは疲れている時でもサラッと食べられる一品

・外したくない時は迷わずこれがいいかな

テーマ②有名店とのコラボ商品 3選

続いて紹介するのは、各コンビニがラーメンの有名店とコラボして展開しているカップラーメンを3つ紹介します。なかには限定商品も含まれていますので、これを機に各コンビニに足を運び、限定ラーメンを食してみてはいかがでしょうか。

セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌

価格:200円

内容量(麺量):122g(85g)

カロリー(Kcal):542Kcal

味の特徴:セブン&アイグループで2008年より定番商品として販売している激辛ラーメンの人気店「蒙古タンメン中本」とのコラボ商品(セブンプレミアム)。そのため、他のコンビニでは手に入らない一品。

味噌ベースに唐辛子の辛味、野菜の旨味が凝縮されたスープは、辛い味を好む消費者には最高の味に仕上がっています。今回顧客からのアンケートによって、スープの旨味、麺の量に改良が加えられており、更なる進化を遂げ、“旨辛”を求める人には最高のカップラーメンと言えます。

口コミ:

・無性に激辛物が食べたくなったときに買う一品。熱い中食べると辛さが一際増すものの、マイルドで旨みのある辛さのため最後までペロリと食べれます。

ローソン 無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン

価格:200円(税抜)

内容量(麺量):102g(70g)

カロリー(Kcal):403Kcal

味の特徴:京都の有名店である「無鉄砲」監修の超濃厚豚骨ラーメンです。本家の味をそのままに、豚骨を炊き出した風味と、ドロドロとした口当たりを感じられるスープになります。中細でやや縮れのある麺と、トロミのあるスープはしっかりと絡み、噛めば噛むほどムッチリとした食感を感じられます。

無鉄砲の熱狂的ファン“ムテオタ”(ムテ信者)でも納得の味に仕上がっています。

是非一度食べてみてはいかがでしょうか。

口コミ:

・旨みたっぷりの濃厚豚骨スープがたまらなく美味しい

・再現度の高いラーメンに仕上がっている

ファミリーマート 長浜屋台やまちゃん 博多豚骨

価格:258円(税抜)

内容量(麺量):107g(65g)

カロリー(Kcal):367Jcal

味の特徴:福岡・博多で人気を誇る豚骨ラーメン専門店「やまちゃん」監修のファミリーマート数量限定のカップラーメンです。スープは、臭みのない洗練された豚骨スープをベースにマイルドなコクと旨味が表現されており、ノンフライのストレート麺とは相性抜群です。

別途で紅生姜が包装されており、食べ手の好みに合わせて味変をすることもできます。

口コミ:

・長浜の味がしっかり表現されている実力派

・飲んだシメにもぴったりの味に仕上がっている

テーマ③不動の人気を誇るカップラーメン 3選

最後に紹介するのは、各コンビニで販売している不動の人気を誇るカップラーメンを3つ紹介します。一度は食べたことのある商品かもしれませんが、これを機に再度口に運んでみることをオススメします。

日清食品 カップヌードル

価格:193円(税別)

内容量(麺量):78g(65g)

カロリー(Kcal):351Kcal(めん・かやく:327Kcal、スープ:24Kcal)

味の特徴:やはりカップラーメンの王道であり、世界初のカップ麺でもある日清食品の「カップヌードル」

既に多くの人にとって馴染みのあるパッケージと味を提供すること間違いなし。近年スタンダードになりつつあるシーフードやカレー、チリトマトがあるにもかかわらず、ここではあえてベーシックなカップヌードルを挙げました。

具材は“謎肉”こと味付きミンチ、ミンチポーク、エビ、スクランブルエッグ、ネギ、そして味の決め手となるオリジナルスープといたってシンプルなカップラーメンです。

口コミ:

・小さい頃からあるにもかかわらず、いつ食べても変わらない味。すべてのバランスが絶妙。

・どこでも手軽に手に入るのもありがたい。

・いろんな味があるけど、毎日食べるならやっぱり醤油味

東洋水産 マルちゃん 麺づくり 合わせ味噌

価格:193円(税抜)

内容量(麺量):104g(65g)

カロリー(Kcal):351Kcal(めん・かやく・2587Kcal、スープ:93Kcal)

味の特徴:スープはポークエキスベースでコクのある赤白両方の味噌を合わせたオリジナル。麺はスープに合うように開発されたつるッとコシのあるノンフライ太麺を採用しています。

口コミ:

・ノンフライ麺のため、油っぽさもなく、食べやすい

・スープは熱湯を注いでから5分待つだけの価値あり

エースコック わかめラーメン ごま・しょうゆ

価格:193円(税抜)

内容量(麺量):93g(64g)

カロリー(Kcal):338Kcal

味の特徴:ミネラルと食物繊維が豊富に含まれているわかめをふんだんに使ったわかめラーメン。一見シンプルな味付けのようにも思えますが、魚介(いりこや鰹など)の旨味と有機丸大豆醤油を使用したスープ、適度な弾力を持つ麺、香ばしい深煎りごま、メンマ、コーンを加えたどこか懐かしいラーメンに仕上がっています。

口コミ:

・わかめとコーンの相性がいい。わかめの量もたっぷりで食べ応えも十分

・わかめとゴマの香りは相性が良く、食欲を倍増させる効果がある気がする

まとめ

今回の記事では、コンビニで買うことのできるカップラーメンをテーマ別に分類して紹介してきました。

お見舞いの手土産や空腹の際のお供となるカップラーメンは、現在さまざまな展開を見せています。そのため、体調や環境に応じて食べ分けることができるため重宝されるアイテムになりつつあります。

是非これを機に、コンビニに置いてあるカップラーメンに手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください