喜ばれるギフトはフォーマルからカジュアルへ

喜ばれるギフトは共有型

近年では、一緒の時間を共有出来るような「共有型ギフト」の需要が高まって来ています。

共有型ギフトとは、モノより時間を贈るギフトのことです。

例えば、「一緒に食事をする」「一緒に旅行をする」。

このような思い出を共有できるような“残る”ギフトのことを指します。

 

よりカジュアルな時代へ

お見舞いを含む、誕生日、記念日、クリスマス、お中元やお歳暮、敬老の日や父・母の日。

今まではより礼儀的なフォーマルギフトが選ばれて来ました。

お菓子の詰め合わせ、花束、タオル、調味料セット、洗剤セット、ゼリー、お素麺など。

誰しもが1度はもらったことがある、または選んだことがある、そんな記憶があるのでは無いでしょうか。

それらはオーソドックスで、どんな場合でもどんな相手にも困らないものです。

失礼にも当たらないので会社関係者の贈り合いには最も適していたと言えるでしょう。

しかしそういった儀礼的なフォーマルギフトは近年では減少傾向にあります。

 

ギフトはコミニュケーションツール

ギフトの贈り合いは、相手とのコミュニケーションツールです。

ギフトとはちょっと違いますが、年賀状などの挨拶状も、コミュニケーションツールのひとつですね。

1年に1度でも、必ず挨拶として物を贈り合う。

その行事が信頼関係の基礎になっているといった点でも、儀礼的なギフトよりも、より身近に感謝を伝えることができるカジュアルなギフトが選ばれています。

 

オリジナルギフトの増加

タオルをプレゼントしようと思ったとき、あなたは何を基準で選びますか?

多くの方が、楽天やアマゾンなど、“ネットの世代別やランキング別”でタオルを選ぶでしょう。

また、ブランドや流行を気にする人も多いですね。

では、誰とも被らないという点ではどうでしょうか。

「同じようなタオルはすでにもらっているのではないか?」と気にする人も多いはずです。

なぜなら、多くの人が同じ行動をとっているからです。

儀礼的なプレゼントが減少傾向にあると同時に、オリジナル溢れるデザインや商品を選ぶ人も増えているのです。

 

いいお見舞い.comのオススメ商品

私たちは、闘病という経験を通じてお見舞いされる側の立場から、「もらって嬉しいお見舞いの品」をご紹介しています。

また、オリジナルな商品の取り扱いもあるので誰とも被らないギフトとして参考にしていただければ幸いです。