注意
この文章や写真を引用や転載する場合はご連絡ください。
勝手な引用や転載は禁じます。

飛蚊症になり、辛い思いをしました

プロフィール
お名前:サンライズ
出身地:東京都
現在の年齢:40
保険を見直した時期:38
病名:飛蚊症・本人

闘病記

飛蚊症と診断されて入院したことがありました。入院生活はとても不安なものがあり毎日が辛かったです。

入院中は仕事や家族に関してもだいぶ気をつかっていました。自分が入院している最中は仕事は他の人に任せていたため、任されていた仕事がだいぶ遅くなってしまったと言うことがあり、そのことばかり頭の中で考えていました。
家族が私のことに対してだいぶ心配してしまうのではないか家族の日常生活にも影響してしまうのではないかと言う心配をしていました。

飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。 黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあり、年代によってこの病気にかかる人は様々です。
最初はただ疲れているだけだと思っていたのですが、症状がひどくなってくるので病院に行き診断されました。

最初はただ疲れているだけかと思って放っておいたのですが、病院に行って診てもらったら実はこの病気だったと言うことを知り焦りました。

年代に関係なくなってしまう病気なので、加齢でなってしまう病気ではありません。
そして保険を見直す機会にもなり、こちらの保険の方がいいと思い購入し直しました。

目の調子が悪いため本を読むとかテレビを見るとか普通の人だったら、娯楽として楽しめるものまで楽しくなくなってくるわけです。つまり楽しみを奪われてしまうわけです。本を読んでいたとしても読みづらいので本も読めません。

家族でこれ以上は心配をかけたくないと思い、早く治そうと思っていました。入院生活で辛いこともかなりあります。例えば隣の患者がやたらとうるさかったり、苦しんでいる声が聞こえてきたりすることもありました。
それが病院というものですし、大事なことです。

病院の病院食はまずいとは聞いていましたが、そこまで食べられないほどではなく少し味が薄いと言う程度で私には全然合いました。

この病気になってしまったとしても、取り乱す事はないと思います。落ち着いた気持ちで過ごしていれば気分が悪くなると言う事はないと思いますしもし気分が悪くなったとしても入院していれば何かあったら助けてくれると思えるので安心感があります。
良い病院に入院できたと思っています。

病院によってはあまり評判の良くない病院もあるわけなので、良い病院を探しておいた方がいいと思います。良い病院に入院することができたので助かったということは今考えてみればあると思います。
周りの患者たちも感謝の声を述べている人たちが多いところだったので評判の良い病院だと思います。

入院していたときの思い出としては、周りで苦しんでいる人たちの声が聞こえると言うのが1番嫌だったかもしれません。やはり自分が苦しんでいるだけならまだしも、周りの苦痛を訴える声などは聞きたくないものです。

周りの声が聞きたくないから入院したくない人もいます。

▶︎保険の見直しをした理由
上記の病気だと診断されたからです。保険を見直したときにいい保険を見けることができたのでそこに加入しました。
アフラックにした理由としては色々ありますが一番はがん保険・医療保険保有契約件数No.1でもあり、ここの方が私には合っていると思いこちらに加入しました。
また、私の知り合いもアフラックに入っていたということもありました。

▶︎保険の見直しをしてよかった理由
アフラックの保険に入りましたが、今後病気が続いてしまうとこちらに入っておいた方が良いと思ったからです。
私は保険料に注目していて月々に払う金額がこれぐらいならちょうどいいと思ったからです。こういう病気にまたかかってしまうと、保険が効いているとはいえ入院代のことを気にしなくてはいけません。

▶︎同じ境遇の方にアドバイス
まず第一としては病気を治していくことに専念した方が良いのではないでしょうか。
目の病気と言う事はとても深刻な病気ですし入院して直しておく必要があります。あまり甘く見ていると失明などをして一生後悔してしまってもう遅い病気です。目と言うものは人間として生きていく上で、大事な部分です。

入院中は家族のことを考えておいた方が良いですし、早く退院して家族の笑顔見たいと思えば退院した後の楽しみも増えます。

まずちょっとでも具合が悪かった時にすぐに病院に行っておけば、入院するまでひどい病気にはならなかったかもしれません。それは私も反省していますし、少しでも具合が悪い時はすぐに病院に行ったほうがいいんじゃないかと思いました。

飛蚊症は黒い点や虫のようなものが見えてしまうので、日常生活でとても辛い思いをします。普段から目が痛いですし、この病気が本当に治るのかどうかと言う不安感が襲ってくる病気です。いつまでもこの状態なのではないかと言う不安感が襲ってくるので、まず気持ちを落ちつかせておいた方が良いでしょう。

目が調子が悪いと日常生活の全てに影響がしてきてしまうので、とても辛い病気の1つだと思います。

自分の中で病気と闘って行こうと思えば入院生活も辛くないと思います。皆さんももしこの病気にかかってしまったとしたら、闘っていこうと思うべきです。

私は今では直していくことができたので今では普通の暮らしをしています。しかし、二度とあのような病気にはなりたくないと思っています。

何がきっかけになってしまうか分からないので、例えばどこかに顔をぶつけたと言うだけでもなってしまう人がいるので気をつけておいた方がいいです。

どの保険から、どの保険への見直しをしましたか?

アクサ生命のダイレクト保険→アフラックの医療保険

見直した保険の良かった点を教えてください

アフラックの保険に入りましたが、今後病気が続いてしまうとこちらに入っておいた方が良いと思ったからです。
私は保険料に注目していて月々に払う金額がこれぐらいならちょうどいいと思ったからです。こういう病気にまたかかってしまうと、保険が効いているとはいえ入院代のことを気にしなくてはいけません。
見直した保険としてはいい所に入れたんじゃないかと思っています。
入院しているときに保険を見直したほうがいいんじゃないかと思いましたが、その考えは間違ってなかったと思います。特に入院生活と言うものは辛いものがありますし色々と考えてしまうこともあると思います。この病気は本当に治すことができるのか一生じびょうとなってしまうのではないだろうかと言う気も起きてきました。
もし持病になってしまったとしたら、一生この悩みを抱えながら生活しなくてはいけないことになるわけです。絶望的なことも頭に浮かんだりしましたが何とかやっていくことができたのでよかったです。

あなたがオススメする保険と、その理由を教えてください

保険は私の入っている保険のように選び抜いていい所を探しておいたほうがいいと思います。保険は一生ものなので相談をしてみるのもいいかもしれません。アフラックの保険はいざというときに役に立てられるんじゃないかと思っています。
保険は見直して別のところに入っていると言う人は今は普通らしくて、乗り換えて入ったと言う声も私の周りでも聞きます。
入院している最中は辛いことなどもかなりありましたが家族の事などを時々考えていくことで、思い出していくことで何とかやり切っていくことができました。そして保険のような心配事なども入院している最中にもし頭に浮かんだ場合はそれは解消しておいた方が良いのではないでしょうか。入院している最中に時間が少しできる場合色々とどう生活していくかなども考えていくこともできます。悩んでいることなどは自分の頭の中で整理しておいたほうがいいと思いますし、悩みは一旦楽しておいたほうがいいと思います。気をあちこちにつかってしまいかねないからです。

うれしかったお見舞い品と、その理由を教えてください

旅先のお土産を買ってきてくれた、親戚の人がいてよかったです。

病院食のおかずとして用意してよかったものを教えてください

おかずが美味しい日がありました。

暇つぶしとしてやっていたことと、その感想を教えてください

以前に入院したときは小説や本などを持ってきてもらったのでそれを読んでいました。
今回は目の病気ということもあったのでイヤホンで曲を聴く以外ありませんでした。

役にたった便利グッズと、その理由を教えてください

テレビが置いてあったため退屈はしませんでした。

今1番楽しみにしていること、生きていてよかったと思えるようなことを教えてください

今一番楽しみにしている事は趣味全般をやっていくことができることです。その全般をやっていくことができるのはとても良いことだと思いますし、それが人として生まれたからには当たり前のことだと思っている人がいるかもしれませんが病気をしたことでその当たり前のことさえも奪われてしまうと言う人はいるのでこの普段している当たり前の事はとても大事に思っておいた方が良いでしょう。普段している当たり前のことをとても良いことだと感じさせてくれたのが病だと思いますし、普段の生活の態度にも出てくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください